2020年01月29日

アッティラ・ゾラー

一般的な人気はないけれど、玄人受けするというか、ミュージシャンにも影響を及ぼすような人を「ミュージシャンズ・ミュージシャン」と言います。アッティラ・ゾラー(Attila Zoller 1927〜1998)は、その代表格かもしれません。ハンガリーに生まれ、プロのバイオリニストだった父親からバイオリンの手ほどきを受けたそうです。学校をドロップアウトしてブタペストのクラブでジャズを演奏するようになり、ソビエト侵攻から逃れるためにギターを担いでオーストリアまで歩いたそうです。アメリカから来ていたオスカー・ペティフォード(b)やリー・コニッツ(as)からアメリカに行くように勧められて、奨学金を受けてジャズを学んだそうです。ジム・ホール(g)の生徒になり、ルームメイトはフリージャズの開祖になったオーネット・コールマン(as)だったとか。

zoller.jpg

コマーシャルなハービー・マン(fl)のグループでデビューして以来、共演したミュージシャンはスイングのベニー・グッドマンから、フリーのアルベルト・マンゲルスドルフ(tb)、ラテンっぽいカル・ジェイダー(vib)、そしてあのジミ・ヘンドリックスまでと幅広かったようです。亡くなる直前はオーソドックスなモダンジャズのトミー・フラナガン(p)とツアーに出ていたとか。だれとでも合わせられる、そしてだれとも違うスタイルを作るということは生半可ではなく、ワン・アンド・オンリーなギタリストとして尊敬を集めていたと思われます。

ビバップでもフリーでもなく、ましてやロックでもなく、いわく言い難い不思議なフレーズを高度なテクニックでつむぎ出す演奏は、凄いのはよく分かるけど、凄いとしか言いようがない……。という感じでしょうか。亡くなってから、師匠のジム・ホールや弟子のパット・メセニー、その他大物ミュージシャンが参加した追悼アルバムが作られました。波乱万丈の人生を送りながら、教育者としても活躍していたようです。ドイツのenjaから発売されていたこのアルバム、Common Cause はロン・カーター(b)、ジョー・チェンバース(ds)とのトリオで、彼のギター・プレイをたっぷり味わえます。

commoncause.jpg

2020年01月21日

長谷川和夫先生と認知症

長谷川和夫先生と言えば「長谷川式簡易知能評価スケール」の生みの親で、認知症研究の第一人者として高名な精神科医です。思えば精神病院で働いていた若かりし頃、「長谷川式」をずいぶんやらされました。短時間で施行できる、言語性(言葉のやり取りで行う)のテストで、記銘力や見当識などを測ります。当時は「認知症」ではなく「痴呆症」と呼ばれていましたが、脳細胞が委縮するアルツハイマー病よりも、脳血管性のものが多いとされてました。

「やった」とか「お世話になった」ではなくて、「やらされた」……。「渋々」とか「嫌々」のニュアンスがつきまとうのは、嫌だったからです。面倒くさいとか保険診療の点数にならないとか、そういうことではなくて、「申し訳ない」のです。自分よりはるかに経験を重ねてきたお年寄りに、子供だまし?のような簡単な質問をするのです。簡単なはずなんだけど、面と向かって訊かれると答えるのが難しくて、困惑してしまう。その様子を見るのが、何だか心苦しい。そんな感じでした。こんなことをしなくても、日常生活を観察していれば分かるだろうに……と思っていました。

その長谷川先生が認知症になられて、テレビに出ていらっしゃいました。「認知症の研究者が自分で認知症になったのですからね、こんなに確かなことはありません……」などと、認知症を語る活動をしていらっしゃいます。嗜銀(しぎん)顆粒性認知症と言って、80代、90代になって発症するタイプでず。「日常の確かさが、だんだん失われて行く」など、ご自分の状況を客観的に観察して、述べていらっしゃいました。色々と印象に残る場面はあったのですが、とくに「長谷川式」については、「いきなりやるんじゃなくて、ちゃんと信頼関係を作ってからにして欲しい」とおっしゃっていました。そうなんです。「いきなり」やらされたのが、嫌だったのです。作った人はきちんと考えていたのに、それを無にしていたのは私を含めて、医療の現場だったのです。

老年期の精神医学のトップランナーでいらっしゃった長谷川先生は、病名を「認知症」にして、家族のためにデイケアも始められました。いまも「戦場」と呼ぶ書斎で論文を書かれています。ダンディでユーモアを愛するお人柄が、多くの人を引きつけて世の中を変えて来たのだと思いました。
posted by nori at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス

2019年12月16日

クイン(大槌)が12月22日にオープン

岩手県はジャズが盛んです。一関市のジャズ喫茶「ベイシー」は全国的にも有名ですが、盛岡市には「ダンテ」、「S」、「すぺいん倶楽部」、「ノンク・トンク」、「ジョニー」、奥州市には「レイ・ブラウン」「ハーフ・ノート」、釜石市には「タウンホール」、陸前高田市には「ジャズタイムジョニー」など、ジャズスポットが頑張っています。最近になって宮古市に「ハーヴェスト・ムーン」も開店しました。年に一度、「いわてJAZZ」も盛岡市の県民会館で開催されています。アマチュアミュージシャンのレベルも高くて、お店で聴くとしっかりチャージを取られます。

ベイシーよりもちょっと早く1964年に開店したのが、三陸沿岸は大槌町(釜石市の北隣)の「クイーン」です。私が住んでいる町からは遠いこともあって、お店に顔を出せるのは年に一度、とある官公庁の仕事で宮古市と釜石市に行くときでした。移動時間を含んでのダブルヘッダーだったので、お休みを兼ねて寄らせてもらっていました。それでもマスターは憶えてくれていて、ジャズにとどまらず色々な話を聞かせてくれました。スピーカーの周りにはあふれんばかりの本やCDが積みあがっていて、スピーカーの見えないジャズ喫茶というのも珍しくて、私にはジャズ談義喫茶、みたいな感じでした。

ところが震災でお店が流されてしまい、マスターの佐々木賢一さんと長女の多恵子さんは内陸で暮らすようになりました。それからのおつき合いは濃いものになりましたが、残念なことに昨年の夏にマスターが急逝されました。喫茶店は休んじゃいけない――「店を休んでデートがダメになったらどう責任をとるんだ?」とか、人気のデートスポットだったかどうかはさて置いて、そんな使命感もあって年中無休でやっていたマスターのことなので、さぞお店を再開したかったことでしょう。でも現実は厳しくて、延び延びになっていました。このほど、多恵子さんが「クイン」として大槌駅前にオープンする運びになりました。

そう言えば店名がありがちなジャズの曲でもミュージシャンでもなく、なぜ「クイーン」「クイン」だったのかは、マスターは教えてくれませんでした。無類の映画好きだったので「アンソニー・クインから?」と聞いたこともあったけど、そうでもなかったようです。多恵子さんの決心と行動力に敬意を表するとともに、「クイン」が客足の絶えないお店になることを願っています。
posted by nori at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災

2019年11月22日

エド・ビッカート

カナダ出身のジャズ・ミュージシャンで、まず有名なのはピアノのオスカー・ピーターソンですね。そりゃもう圧倒的に上手いんだけど、ヴォーカルも良かったらしいです。あのナット・キング・コールと「二人とも弾き語りだと仕事の取り合いになるから、歌かピアノかどっちかに専念することにしよう」と言われて、彼はピアノを選んだとか。ドン・トンプソンなんて言う人もいた。ベースが本業らしいけど、ピアノもドラムスもヴィブラフォンも達者で、「ひとりMJQ」ができちゃうそうです。ここまで器用になっちゃうとナンバーワンには届かないだろうけど、仕事には困らないでしょう。

エド・ビッカート(Ed Bickert 1932〜2019)は、ギターしか弾きません。それもジャズではおよそ使われない、フェンダーのテレキャスターです(さすがにフロント・ピックアップは、音の太いハムバッカーに換えてあるようです)。テレキャスターはコンデンサーをかました独特のクリアトーンが魅力なんですが、「ジャズ・ギター」のぶっとい音は望むべくもありません。それに重いから、疲れると思うんだよね〜。それでも使うのは、おそらくは音色だけじゃなくて、ハイポジションを押さえやすいからでしょう。この人の弾くコードは展開が巧みで、流れるようにスムーズなバッキングです。そしてよほど手がデカいのか、ひょっとしたら歯でも動員しているのかと思わせるような音の重ね方。有名ギタリストにありがちな、速弾きがすごいとかじゃなくて、バッキングの大名人です。

bickert.png

アルトサックスのポール・デスモンドがツァーにジム・ホールを誘ったのですが、ジムの都合がつかなくて、このエド・ビッカートを推薦されたそうです。ジムだけに事務的に推薦した……のではなくて、世に出て欲しい人が選ばれたのですね、きっと。これが大抜擢となって、ツアーだけじゃなくて録音にもつきあうようになりました。エドのリーダー作は入手困難になってしまっているので、私がおったまげたポール・デスモンドのリーダー作をあげておきます(Pure Desmond / Paul Desmond CTI 1975)。

puredesmond.jpg

2019年10月24日

先生のイジメ

神戸の須磨の小学校での、教師による教師へのいじめ事件が大きな話題になっています。と言いましょうか、その中身は加害者と校長などの学校関係者へのバッシングでしょうか。「加害者が有給で自宅待機しているのはけしからん」とか、まあ言いたくなる気持ちも分からなくはないですが、あんまり騒ぎ立ててしまうと、いまその学校に通っている児童たちが傷ついたり、勉強どころでなくなってしまうことが心配になります。

雇用者は労働者に対して、安全配慮義務を負っています。過剰労働や教員間のハラスメント、生徒の対教師暴力、クレーマーからの暴言、精神疾患への対応など、教職員の心理的な安全に対してだれが責任を負うのか……ということだと、校長とか市町村長とか、おそらくは「長」のつく人になるのしょう。でも実務としてだれがコミットするのか、という話になると厄介です。これが企業なら直属の上司であったり、あるいは人事部であったり、ハラスメントの相談窓口であったりして、自分が相談すればどんな扱いになっていくのかを社員は想像できます。ところが学校となると、ほぼすべてが校長任せで、他に相談できるところがあるのかどうか、よく分からないのが実際のところでしょう。

教職員にとって校長は評価を与える上司なので、心証を悪くしたくありません。たとえば「メンタルの弱い人」とでも評価されてしまったら、その後の仕事や移動先に影響が出ると感じても無理はありません。驚いたのは「神戸方式」なる異動で、校長がお気に入りの教員を引き連れて異動する仕組みが長年のあいだ維持されてきたことです。これは悪くすれば恐怖政治の温床になるし、その「お気に入り」が良からぬことをしていたら、校長に言い出しにくいに決まっています。

うつなどで休職した教員が復職するときには、保健師などがコミットする仕組みがあるようです。それでもないよりはましですが、日常的な心理的な安全に関して、だれが(どこが)現場の教員に関わるのか、もっと分かりやすくしっかりした仕組みを作って行かないと教職員間のハラスメントは減っていかないでしょう。教員はメンタルヘルスでダウンする率が高いのですが、休業中の間は収入を補償して講師を雇用しなくてはならないし、離職された場合はそれまでに培ったものを失うことになるので、損失は多大です。何より子どもたちのために、元気な先生に教壇に立って欲しいものです。心理職も含めた専任チームが自治体に設置されて、教職員のメンタルヘルスに関わっていく仕組みが整備されると良いのですが。
posted by nori at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス

2019年09月27日

できなくても良いのに

とある中学校で、ストレスマネジメントの授業をしました。「自分でリラックスできるようになろう」がお題で、身体を使うリラクセーションです。体育館でやったこともあって、「やる子はやるし、やらない子はやらない」の「やらない率」は高めでした。まあそれは想定内だったのですが、ちょっと気になったのが「味見で済ます」子が多いかな、と言うことでした。面白くて夢中になるとか、実感できるまでとことんやる、みたいな雰囲気が感じられませんでした。むしろ周りを気にしているような感じでした。

たとえば体育で跳び箱をするのに、助走だけしてスーッとわきにそれていく男子がいる。高い段ならまあ分かるけど、余裕で跳べそうな低い段でも、なんですね。最初から上手にできるのだったらつまらないし、練習する必要もないのですが、「カッコ悪いところを人に見られたくない」ということなのか、ちょっと難しそうなことにトライしようとしない子が増えてきているような気がします。

そういうことを体育の先生に話したら、「ちょっと前からそう」だと言うのです。「小学校から上がって来た子たちが、掃除の反省のときに、良かったところだけ言って、できてないところは言わないようになった。コレができるようになりたいということはないのか? と言ってしまうんだよね」と。私は掃除のたびに「反省」をするのも、窮屈じゃないかなと思ってしまうのですが、まあそれはそれとして。

できても良いし、できなくても良い。できないことができるようになると、嬉しくなる。人はそんなものじゃないかなと思うのですが、「何だオマエ、そんなこともできないのか」と言ってしまう人もいるし、それを怖がる人も出てくる。子どもたちが初めから「できる、できない」とか「どう見られるか」にこだわるのではないでしょうから、大人を映しているいるのかもしれません。