2017年05月26日

スクールソーシャルワーカー

ここ何年かで、スクールソーシャルワーカーが学校に配置されるようになってきました。全国的なことは分かりませんが、私が住んでいる岩手県ではその質、量ともに向上しています。「質」については社会福祉士の資格をもって、福祉の領域で仕事をしていた人たちが配置されるようになりました。導入期には、必ずしもそうではない実態もありました。アメリカでは不就学児童への対策で20世紀初頭からの歴史がある学校ソーシャルワークですが、日本では今が黎明期ということになります。

どこからか「スクールカウンセラーには、スクールソーシャルワーカーのスーパービジョンをして欲しい」という声が聞こえてきたこともありました。おそらくは「どう動いて良いか分からない人たちに、動き方を教えてやって欲しい」というくらいの意味で、そう言いたくなる気持ちも分からないではありません。でも本来の概念からすれば、スクールカウンセラーはスクールソーシャルワーカーにとって、病院や児童相談所や適応指導教室など、色々な社会資源の一つです。せいぜい信頼して使ってもらえるように頑張るのが、関の山ということになります。

非常勤講師をしている大学院で、教授がカウンセリングとケースワークの違いについて、「よく使われるたとえ話が、うまく泳げない人に浮き輪を投げてあげるのがケースワークで、うまく泳げるように手助けするのがカウンセリング」と説明していました。このたとえ話は援助が直接的どうか、また必要性や緊急性によってそれを使い分けることを説明するにはよくできていると思います。足がつっているような人には浮き輪が必要だし、もうちょっとで泳げる人には浮き輪はかえって害になるでしょう。ただ「両方が必要な人」がもれてしまうのが、惜しいと思います。

スクールカウンセラーとして仕事をしていて、どうしてもケースワークが必要な生徒が出てきます。いまだったらスクールソーシャルワーカーさんにお願いするケースでも、以前は自分で関係機関に連絡をしたりして、ケースワークの真似事をすることもありました。若い頃に働いていた精神科の病院では、ソーシャルワーカーさんたちとのつきあいが濃厚だったので、「門前の小僧」なのです。ちなみに「習わぬ経」は「使えるものは何でも使う」と「思い立ったらすぐ電話」で、まことに頼りがいがあるというか先方も大変だろうなあというか、ケースワークとはその種の行為だと思っていました。

スクールソーシャルワーカーよりも歴史がちょっぴり長いスクールカウンセラーも、まだ専門職としての役割が不明確なところもあると思います。これから一緒に仕事をしていく中で、それぞれのアイデンティティを作りながら連携していければ良いと考えています。

2017年04月18日

ジャンゴ・ラインハルト

ジャンゴ・ラインハルト(Django Reinhardt 1910〜1953)は、ベルギー生まれで主にフランスで活動したギタリストです。ジャズの世界では、ヨーロッパが生んだ初めての一流演奏家でしょう。ロマの旅芸人をしていた彼は、キャラバンの火事を消そうとして、大やけどをしてしまいました。左手の薬指と小指を自由に使えないという、ギタリストとしては致命的な後遺症が残りました。しかしジャンゴは猛練習を積んで復帰しただけではなく、その障害ゆえのユニークなコード進行や右手を忙しくかき鳴らす奏法を身につけて、神業的な演奏を披露しました。ジャズのみならず、ロックなどジャンルの異なるギタリストたちからも、広く敬愛されていました。それは伴奏楽器にとどまっていたギターを、ソロを取れる楽器にまで引き上げた功績によるものでしょう。

django.png

 ちなみにMJQ(Modern Jazz Quartet)で活躍したジョン・ルイスが、彼の死を悼んで、1954年に"Django"という曲を書いています。もちろんMJQの演奏でも楽しめますが、ギタリストによる演奏で有名なのはジョー・パスが演奏したものです(For Django / Joe Pass 1964)。

fordjango.png

 ジャンゴ・ラインハルトの音楽には、障害克服とか超絶技巧とか、そんな気負いはありません。気まぐれな放浪生活を愛して、ずいぶんイキな暮らしをしていたらしい。3本のギターとヴァイオリン、コントラバスで構成された「フランス・ホット・クラブ5重奏団」の「ジブシー・スイング」とも呼ばれる音楽はフランスのエスプリにあふれています。ヴァイオリンのステファン・グラッペリも素晴らしい。この「イン・メモリアル」では、テナーサックスの巨人、コールマン・ホーキンスも聴くことができます。

inmemorial.png

2017年03月30日

15周年

pen.jpg

 2002年の4月1日に、「あゆみカウンセリングルーム」を開きました。あと二晩眠れば、15周年ということになります。どこで調べてくるのか、「こんなボールペンを作りますよ」と業者さんがサンプルを送ってくれました。書き心地も良いしお値段も手ごろで、作ってもらおうかと一瞬は思ったのですが、さてだれに配るのか、もらった人は持ち歩くのに気を使ったりしないのかなどと考えて、やめにしてしまいました。

 たとえば法律事務所や会計事務所と同じような感覚で、ノベルティグッズを持ち歩けるようにカウンセリングが一般的なことになれば、良いのですが。「30周年」でも、そうなっていないでしょうね。「50周年」になったら、そうなっているかもしれません。でも自分の方が、保ちそうもないです……。もし生きていたにしても、息をしているだけかもしれない。もっとも成瀬悟策先生は、私が50周年を迎えることになる御年93歳でも現役バリバリ、新刊も出していらっしゃるのだから、そんなことを言っていてはダメですね。まあ50周年を目指すかどうかは別として、さしあたりは20周年に向けて進歩していかなくてはと思います。結果的に進歩するかどうかは別にして、進歩していくつもりがなくては、現状維持すら難しくなっていくでしょうから。

思い返せば、15年の間に本当に多くのクライエントさんたちにおいでいただきました。これまで有形無形でお世話になった方々に、御礼を申し上げます。



2017年02月11日

カジノは良くないが、パチンコよりはまし

 昨年の末に、いわゆるカジノ解禁法案が国会で可決されました。「ギャンブル依存症が増える」という主張を無視して、自民党がゴリ押しした形です。共産党が「他人の不幸の上に経済的繁栄を築こうとするのは、歪んだ発想だ」というコメントを出していましたが、まさしくその通りですね。ギャンブルは人々に幸福をもたらさないし、国力の低下にもつながるので、洋の東西を問わずどの時代でも、国によって規制されてきました。

 私はカジノができても、ギャンブル依存症が増えるとは思いません。日本のギャンブルで圧倒的に強いのが、パチンコ・パチスロ。その他にも競馬、競輪、競艇、宝くじともう花盛りなので、これにカジノが加わってもどうということはないでしょう。パチンコに入れ込むのは、収入に不足を感じる人が多いと言われています。「1万円じゃあ何にもならないけど、10万円あればなあ……」と言う発想から手を出す。その1万円をスッてしまうと、取り返すためにまた突っ込む……という繰り返しです。カジノ施設ができたにしても、交通費や宿泊費がかかるのであれば、たいがいの人はそれを軍資金にしてパチンコに行くでしょう。

 「パチンコは遊戯であって、ギャンブルではない」と言う詭弁もありますが、だれがどう見たってギャンブルです。いや私に言わせればギャンブルよりも恐ろしい、「エレキ麻薬」です。機械のメーカーは客の興奮を引き出す装置を、そしてパチンコ屋は居心地の良い賭場を追求しています。甘い汁を吸いながら保護しているエラい人たちもいるみたいだし、マスコミは節操なくばんばん広告しているし、よくこんな仕組みを作り上げたものだと思います。

 私のカウンセリングルームにもパチンコ依存の相談があります。だいたいはご本人よりも、家族がほとほと困ってやって来ます。一説によれば、パチンコ依存症の患者は全国で200万人いるとか。ということは、パチンコ依存のために苦しんでいる家族は1千万人を下らないことになります。韓国ではパチンコが害であるとして、全廃されたとか。日本でもパチンコを廃止するなら、カジノを作るのは良いでしょう。
posted by nori at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス

2017年01月19日

ハーブ・エリス

 いまはクロだシロだという話は聞かれなくなりましたが、昔はジャズミュージシャンについて黒人だからどうの、白人だからどうのみたいなことを言う人がいました。たとえば黒人の方がソウルがあるとか、白人は音楽教育を受けているので譜面に強いとか。ジャズはもともとが黒人の音楽なので、ミュージシャンは圧倒的に黒人が多いのですが、ギタリストに限っては白人の方が多いようです。カントリーミュージックでギターになじんだ少年がジャズに目覚めて……ということがよくあったのでしょう。カントリーは白人の音楽で、アメリカではとても人気があります。ジャズは「どこに行けば聴けるの?」なんて感じで、日本で言えば津軽三味線のような位置づけではないでしょうか。

herbellis.jpg

 粘っこいブルースフィーリングよりも、サラっとしたカントリーっぽいギタリストと言えば、やはり白人のハーブ・エリス(Herb Ellis 1921〜2010)でしょうか。1950年代のオスカー・ピーターソン・トリオでの活躍で名高い人で、シングルトーンのソロがよく歌います。小細工のテクニックよりも、こういう聴かせ方をするのは本当に上手い人だと思います。でもバッキングでチャカポコと合いの手を入れるのは、サービスしすぎのような気がしないでもありません。Verveの名盤、Nothing But The Blues はロイ・エルドリッジ(tp)とスタン・ゲッツ(ts)の2ホーンを迎えて、気持ちよくスイングしています。

nothingbut.jpg

2016年12月26日

フロイト再読

31jYG+9MukL._SX298_BO1,204,203,200_.jpg

 著者の下坂幸三(1929〜2006)は、とくに摂食障害の治療で高名な精神科医でした。フロイトに深く傾倒しながらも精神分析の主流を歩まず、そして当時隆盛を誇っていたシステムズ・アプローチではなく「記述精神医学のようなことをやる」、「常識的家族面接」を実践されていました。ずいぶん昔の話ですが、日本精神分析学会で学会賞を授与されて記念講演がありました。「成田善弘先生(当時の会長)から電話をいただいて、『色々と思うところはあるだろうが、もう決まったことなので(学会賞を)何も言わずに受け取って欲しい』と言われました」と裏話を披露されて、会場がドッとわいたのを憶えています。

 本書は下坂先生が亡くなってから編纂されたもので、「季刊 精神療法」に掲載されたものを中心に12本の論文が掲載されています。標題の「フロイト再読」は堪能なドイツ語を活かして(ストレイチーの英訳からではなく)、いち心理療法家の実践からフロイトの技法論を噛みしめるという試みで、精神分析をバックボーンとする治療者なら大いに興味を惹かれるでしょう。他にも「心的外傷理論の拡大化に反対する」は出色で、境界パーソナリティの成因をトラウマに求める動きを一刀両断にしています。

 また小論の「症例報告にさいして患者の許可を得ることについて」では、「ヒューマニスティックに振舞っているつもりなのだろうが、私にはむごい仕打ちに思えてならない」と糾弾し、「まあひとりの治療者がどうしても患者の許可がほしいというなら、それでよいとしよう。情報公開の風潮に悪乗りして、それがあたかも治療者の当然の義務でもあるかのように、ひとにもこのような仕業を声高に強要する偽善的な人が現れると困るのである」と結んでいます。

 ひとことで言ってしまえば「反骨の人」というイメージですが、権威を毛嫌いするとか、異を唱えることに熱心だとか、そういう人ではありません。苦労している人々への惻隠の情、漢文や哲学などの素養、徹底して掘り下げる姿勢、戦時中に防空壕から這い出して「きれいな」空襲を眺めていた無垢な心と、さまざまなバックボーンが透けて見えてくるのが本書の魅力だろうと思います。こういう骨のある人は、もういなくなってしまいました。(フロイト再読 下坂幸三著 中村伸一・黒田章史編 金剛出版 2007年)
posted by nori at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床心理学の本棚