2024年01月30日

あいまいな日本語

集まりがあると、それぞれ自己紹介をすることがあります。「○○の○○です。……よろしくお願いします」という感じですが、みなさん必ず「よろしくお願いします」で終わるんですね。何をよろしくなのか、だれによろしくなのか、何か意図をもっているけど濁しているのか、何だかわかりません。かりにメンバーが15人いるとしたら、「よろしくお願いします」に4秒使ったとして、1分間ムダになるわけです。自分がリーダーのときに、その理由を説明して「よろしくお願いします禁止令」から始めたことがあったのですが、みなさん居心地が悪そうだったし、つい「よろしくお願いします」と言う人もいて、そんなことにツッコミを入れるのも大人気ない気がして、ああまたヘンなことを言ってしまったと思うわけです。

ニュースを見ていると、不祥事の記者会見を締めるときに、雁首揃えて「申し訳ございませんでした」と頭を下げるのが定番になっています。この人たちがしたことでもないんだろうし、なぜ謝るのか? 自分たちに落ち度があって、その責任を取ると言っている……のではないのですが。だれに何の責任があるのか、ないのか、あいまいにしたまま「申し訳ございません」で済ませようって魂胆なのか? 記者会見は報道機関に広報する場なので、謝罪するのは変じゃないかと思うのですが。記者もまた責任を問うような質問をする人がいて、あたかも「公開処刑」のような感じになります。そして、それで済ませてしまうということなんでしょうか。

もっと気になるのが、政治家や行政がすることに異議があると、「ていねいな説明が求められている」という言葉で締めることです。やることの是非が問われているのに、「説明が足りない」ことにすり替えられてしまっています。ていねいに説明さえすればオッケーということで、「良いこと」になるのです。こうなると「あいまい」を通り越して、忖度とでも言えば良いのでしょうか、明確な意図を感じます。

こんなことを気にするのは、私だけでしょうか。
posted by nori at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと

2023年12月18日

ゆるっと画

yurutto1.jpg

「ゆるっと画 素朴な民画を楽しむ」の展示会が、奥州市の「えさし郷土文化館」で開かれています。「ゆるっと画」とは芸術的な絵画ではなく、信仰や地域行事などのためにか描かれた絵画、お土産品や護符、陶磁器の絵付けなどの量産画などで、美術館の展覧会などでは見ることができません。「美」を追求したわけでもなく、「術」を凝らしたわけでもなく、「念」そのものを絵にしたような素朴さが特徴です。たとえば狩野派の絵師は手本を徹底的に描写しましたが、神官や僧侶などが地域の人たちに頼まれて描いた絵は、想像したことをそのまま描いていたりします。

koujin.jpg

たとえばこの絵では、刀鍛冶の神様(荒神さま?)と、鬼と刀鍛冶が力を合わせていたりします。描写がゆるいとかユーモラスというだけではなくて、神と人、生と死、人と動物の境界がゆるい。そういうところにも惹かれました。

jugyu.jpg

ユングが好きな人ならご存じと思いますが、これは「十牛図」の九番目で、悟りの境地に達したところです。悟りとは「自然」だけなのでで、人物は描かれないのですが、ちゃっかり自分を入れちゃっているのが微笑ましいですね。

昨日はそのトークイベントがあり、奥州市地域文化研究所の宮本升平さん、えさし郷土文化館の野坂晃平さんの対談を聴いてきました。お二人のオタクトークが炸裂して、これがまた凄かったです。博識ぶりもさることながら、その熱量にも圧倒される感じでした。
posted by nori at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと

2023年11月05日

「カウンセラー」の「集客」

ずいぶん昔のことですが、床屋のおばちゃん(ゴメン)と「客が来ないとき」について話したことがあります。
二人で同意に達したのは、「客が来ないと具合が悪くなる」(笑)でした。ここのところ新規の人が途絶えている、また来そうだった人が来なくなる……。何か失礼なことをしたんじゃないか、どこかの口コミでヘンなことを書かれているんじゃないのか、他のところに客が流れているんじゃないのか……と、あれこれ考えてしまうことがゼロだと言い切れる開業カウンセラーはいないんじゃないかな、と思うのです。

YouTubeには「カウンセラーの集客」と題する動画を投稿している人たちがけっこういて、ついコワイモノミタサで見てしまいました。中には「集客コンサルタント」みたいな人もいて、「開業カウンセラーは集客が全てです。もう一度言います、集客が全てですっ!」と連呼して、「安定した売り上げ」を確保するノウハウを説いていました。中には指南を受けて「半年で500人」を集客したクライアントと対談していました。そんなに集客してどうすんだと笑ってしまいましたが、この種の動画はコンサルテーションやコーチングの販促用のようです。

カウンセリングで開業をすると、それこそ集客から始めなくてはなりません。それは現実です。私の時代は職業別電話帳だったりしたのですが、いまはインスタグラムとかでしょうか。やりたくもないしできもしないことに、振り回されてしまいます。だから「開業なんてだれがやりたいと思うのさ」という方が健全です。組織で働いていれば集客なんかしなくて良いし、安定した収入も得られるのですから。

沢山見たわけじゃないけど、この人たちの共通点はカウンセリングを健康器具やサプリメントなどの、物販と全く同じビジネスとして捉えていることです。「商品開発」をして、その「効果」を求める人たちがアクセスできるようにする。たとえば「うつでお悩みの方」向けの商品。自分がうつで何年間もひきこもりだったけど、この方法でいまはこんなに前向きになりました……的なストーリーが必要です。それを実証する「これまで〇〇人の人から喜びの声をいただきました」とか、「顧客満足度〇%」とかも必要かもしれません。「ホントにそれだけ良くなってるの?」と証明を求められても、プライバシーをたてにすれば実例を挙げなくて済みます。「やってみたけど、ダメだった」は、「効果は人によって異なります」で終わりです。

カウンセリングは、ときとして人の命に関わります。私はこれまで40年近くやってきて、本当に良かったと思うのは「人の役に立ってきた」ことではなくて、「亡くなった人がいない」ことです。次に良かったのは自分や家族が、刃傷沙汰などに巻き込まれなかったことです。その次に良かったのは、訴訟にならなかったことです。いままでそうだったからと言ってこれからないとも言えないので、安全第一で取り組みます。

人の命に関わる医業では、従事者の資格が厳然と定められてきたし、広告や宣伝にも規制がかかっています。「集客コンサルタント」の指南を真に受けて集客したカウンセラーは、倫理的には完全にアウトだし、法律的にもグレーゾーンです。国家資格の公認心理師をもっている人はアウトで、無資格の人は医師法違反や公序良俗違反にならなければお咎めなしのグレーゾーンでしょうか。さすがに臨床心理士でひっかかる人はいない(と思いたい)でしょうが、倫理規定違反になるでしょう。「集客コンサルタント」の方は、「集客」を教えただけなのでお咎めなしです。そう言えば沈没して大勢が亡くなった北海道の観光遊覧船のコンサルタントは、元凶だったはずなのに、どうなったのでしょうか。

カウンセリングは素敵なこと、素晴らしいことというイメージがあるのか、人の役に立ちたいと思う人が大勢いるのか、関心をもつ人がとても多いようです。それは私にとっても嬉しいことなのですが、そういう人たちを食い物にしているビジネスが、「だれでも資格がもらえます」的なビジネスですね。カルチャースクールやオンライン講座など、もうゴマンとあります。それを運営しているのはおそらく就職先がなかった人たちで、就職先がなかった人たちが就職先できない人たちを大量生産し、大量生産された人たちが「集客法」を指南するという、もう目も当てらない状況が生まれているように、私には思えます。

臨床心理士でも公認心理師でもない人のカウンセリングが事故や事件、訴訟になって社会問題化すれば、カウンセリングは唯一の国家資格の公認心理師の業務独占にされるかもしれません。そうなったら困るのは、臨床心理士や認定協会です。認定協会がYouTubeなどの動画サイトで、臨床心理がいかに訓練されて責任を負ってやっているのか、どのように仕事をしているのか、楽しんで見ることができるような動画をアップするべきだと思うのです。
posted by nori at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床心理士

2023年10月10日

今年は舞茸

ここのところ、休日の朝は盛岡市神子田(みこだ)の朝市にでかけていました。狙いはキノコです。コウタケ、松茸などの高級キノコだけでなく、まだ知らないキノコを手に入れることもあります。「これ、どうやって食べるですか?」とお店の人に聞く、そんな会話も楽しいものです。今年のキノコは、不作のようです。松茸はちょぼちょぼとしか見ないし、コウタケにはお目にかかりません。

maitake.jpg

それで、今年は舞茸を買いました。「ブナ」に生えていたせいか、色は白っぽいですね。ほぼ1Kgあって、根元からしっかりした上物です。2300円を高いと思うか、安いと思うかは人それぞれでしょうが、私は「安い」と思いました。そのまま調理して食べてもスーパーで売っている舞茸とはまるで別物で、シャキシャキとした食感を楽しめます。もちろんキノコ好きとしては、スーパーで売っている舞茸も喜んで食べますが、天然ものは年に一度の贅沢ですね。

今年は干して、炊き込みご飯にすることにしました。一日は天日干しにできたのですが、その後は雨が続いたので室内で扇風機にあてました。家の中が良い香り(と思わない人もいると思うけど)で、充満しました。
posted by nori at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩手の絵日記

2023年08月29日

ペンキ塗り


「あゆみカウンセリングルーム」も、開業して21年が過ぎました。自宅を建て増しして相談室を作り、その入り口には看板を作ってもらったのですが、長いこと雨露や風雪に耐えて来ただけに、赤さびが浮き出てくるようになりました。


paint.jpg


「これはさすがにヒドイなあ、電話して塗り直してもらおう」と思いつつ、つい億劫になって時間が経つばかりでした。業者さんに頼むとなれば日程を調整して、待っていなくてはなりません。もう面倒だから自分でやってしまえと、ホームセンターにペンキを買いに行きました。赤さびをワイヤーブラシでこそげ落として……と思っていたのですが、いまは「赤さびの上から塗れます」という塗料があるのですね。赤さびを黒さびに変えてしまうとか。ホンマかいなと思いつつ、楽ちんを決め込んで買ってきました。

その塗料なのですが、油性でうすめ液が要るのはちと抵抗があったし、強粘度のためにハケの毛が抜けて塗面にへばりつくのにも閉口しましたが、結果的にはとても良かったです。赤さびはきれいに塗りつぶすことができたし、粘度のおかげでボタついたりしませんでした。ナニ近くに寄って見なければ、毛がついているのなんか分かりません。こんなに簡単にできるのであれば、もっと早くやっておけば良かったと思いました。出来上がりを、ごらんあれ。


paint2.jpg

2023年07月19日

ブライアン・メイのインタビュー

may.jpg

クイーンのギタリスト、ブライアン・メイ氏も75歳。天体物理学の博士号をもっていて著書もあり、自然保護の熱心な活動家でもあります。私はクイーンが活動していたときはレコードやCDを買うことはなかったのですが、ラジオで聴くことはよくありました。そう言えばフレディ・マーキュリーの映画も、観ましたね。お父さんと自宅の暖炉を加工してギターを作ったとか、たしかピックにはコインを使っているとか、ユニークな人です。サウンドも独特で、細い弦を張って派手なチョーキングをしたり、エフェクターを内臓したようなギターの多重録音をしてシンセサイザーのような音を出してみたり、ギター訓練に明け暮れて速弾きに命をかけるようなタイプとはちょっと違います。

彼がNHKのインタビューを受けていたときの発言には、大いに共感するところがありました。
「インターネットやSNSのために、いまは人が人に厳しくなっている。喜びや愛を分かち合えないのは悲しいことだ。チャットGPTは恐ろしいい。私たちにできるただ一つの対抗は、集って交流することだ」といったことを話していました。まったくその通りだよね、うん、うん……と思うのですが、彼も私も「老人」のポジションになってしまったような感じがして、ちょっと残念な気もしてきました。「まったく、嫌な世の中になったもんだ……」とグチをこぼしているようにも聴こえます。いやいや、彼も素敵な年の重ね方をしている人ですね。見習いたいものです。
posted by nori at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと