2016年03月09日

バーニー・ケッセル

昔のロックシーンで、「三大ギタリスト」という言葉がありました。ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ、エリック・クラプトン。「三大○○」が大好きな日本人ならではの現象でしょうが、モダン・ジャズ最盛期の1950〜60年代に活躍した三大ギタリストとなると、どうなんでしょうね。このバーニー・ケッセル(Barney Kessel 1923〜2004)は、確実に「三大」のひとりに値するギタリストでしょう。ジャズギター中興の祖、チャーリー・クリスチャンのスタイルを受け継いで、ピックアップもクリスチャンのモデルにつけかえていたようです。シングルトーンの唄わせ方も、スムーズなブロックコードによるアドリブも、とにかく巧いです。素晴らしい。

kessel.jpg

もともとオクラホマ州からロサンゼルスに出てきて、スタジオミュージシャンとして大活躍していたようです。ハリウッドの映画産業から仕事をもらって、豪邸に住んでいたのではないでしょうか。だからオスカー・ピーターソンのバンドに加わっても、旅回りに嫌気がさして辞めてしまったりしています。ジャズに生活をかける必要もなかったし、白人だから人種差別で苦しい思いをすることもなかったでしょう。そうした屈託のななさが根底にあって、明朗快活にスイングするのが彼のギターのような気がします。

pollwinners.jpg

「ポール・ウィナーズ」は1957年に録音された、5枚目のリーダー作です。人気投票で1位になったギターのバーニー・ケッセル、ベースのレイ・ブラウン、ドラムのシェリー・マンによるトリオで、名手たちによる演奏を堪能できます。「録音が右と左にきっぱり分かれている」と文句を言っていた人がありましたが、ステレオ初期の録音はそんなものです。それどころか録音技師ロイ・デュナンによるくっきりした音づくりと、コンテンポラリー・レコードのハイテク機器(なんとレコードの内周の歪みを解決していたそうです)による原盤制作は、当時は驚愕をもって迎えられて、他社が躍起になっても近づけなかったそうです。「古き良きアメリカ」の香りがします。

2016年03月08日

セラピスト / 最相葉月

therapist.jpg

大型書店に行くと、心理療法やカウンセリングのコーナーをひと通り眺めます。専門書は学会に出向いたときに出版社のブース買うことが多いのですが(割引価格で送ってもらえます)、すぐに読みたい本が出ていると書店で買うことになります。それにしても精神分析からユング派、ヒューマニスティック心理学、実存学派、行動療法、催眠、認知行動療法……と、まさに百花繚乱の世界です。「コレで生き方が変わる」と称する実用書の類はともかくとしても、ぶ厚い専門家向けの指南書や研究書が並んでいて、いったい誰が買っていくのだろうと思ってしまいます。

そんな中で、ずばり「セラピスト」というタイトルは異色を放っていました。案の定いわゆる専門書ではなく、ジャーナリストが取材をしてまとめた本でした。著者自らが患者として治療を受けたり、心理療法を学ぶために大学院で学んだり、あるいは中井久夫先生にセラピストとして描画で関わったりと、当事者からの視点も交えています。ジャーナリストの視点から、あるいは当事者(それもクライエント/セラピストの両面)の視点から、多面的に心理療法の世界を浮かび上がらせようとする姿勢は見て取れました。悪く言えば視点が定まらずに中途半端なのですが、面白そうなので買って帰りました。

家でひもといてみると、色々な感想が浮かんで来ました。たしかに境界例(境界性人格障害)の人たちとは、めっきりお目にかからなくなりました。病態が境界水準と言われていた摂食障害の人にも、会うことは少なくなりました。それにしても精神医学は、どこに行ってしまうのか? 生物学的精神医学とは言うけれど、病理にも精神療法にも入れ込まずにDSMで診断をつけて薬を出すだけなら、ただの薬屋さんではないか? 精神科は深夜に呼び出されることもないし、高額な医療機器を入れなくても開業できるし……なんて理由で精神科に入局した医師が、薬物療法で何本か論文を書いて一人前のになっていくのでは、精神医学の未来も暗いと思ってしまいます。

「中井久夫」は統合失調症の研究や風景構成法で高名な精神科医で、私もひそかなファンの一人ではありますが、学会などで拝見したことはなくて、書物の中でしか知らない人です。その中井先生が描かれた風景構成法が口絵に載っていて、これが何とも味わい深いです。ご本人は「年寄りの絵だ」と言われていますが、瑞々しい年寄りにしか描けない絵のような気がします。深くて、広くて、遊びごころもある。こんな絵を描けるような「年寄り」になりたいものです。
posted by nori at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床心理学の本棚