2017年08月26日

ミルトン・エリクソン心理療法:<レジリエンスを育てる>

41rYuF5-02L._SX334_BO1,204,203,200_.jpg

ミルトン・エリクソン(Milton H. Erickson 1901〜1980)は、20世紀最高の心理療法家と言われた人です。エリクソン催眠、戦略的心理療法と呼ばれる介入で「エリクソンのところに行って治らなければ、治らない」とまで言われるセラピストでした。全米各地を回って臨床の指導を行い、論文はベイトソンのコミュニケーション研究、ブリーフ・サイコセラピー、家族療法などの母胎となり、彼の影響力は計り知れないものがあります。

17歳でポリオ(小児マヒ)を患って眼球しか動かせなくなったら退屈しのぎに家族を細密に観察し、すさまじいリハビリを重ねてボートを漕いで旅行するまでになりました。医学部に入ってからは膨大な催眠実験を繰り返して、独自の理論と介入法を打ち立てました。観察と独学、リハビリを生涯にわたって続けた人と言えるでしょう。頸動脈を見るだけで脈拍数が分かったとか、神業的なエピソードが事欠きません。

本書はエリクソン自身の著作ではなく、エリクソンの娘さん二人を含む共著になっています。難解なエリクソンの介入法が、理解しやすいようにまとめられています。実際に催眠やブリーフサイコセラピーをするかどうかに関わらず、あるいは心理療法を生業にしている人でなくても、参考になることが沢山あると感じます(ミルトン・エリクソン心理療法:<レジリエンスを育てる> ダン・ショート編著 春秋社)。
posted by nori at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス

2017年08月02日

夏休み

学校が夏休みに入り、私もひまな時期になりました。盛岡では太鼓を打ち鳴らして踊り歩くお祭り、「さんさ」の真っ最中です。出演する団体それぞれに、伝統や趣向があって、見に行けば楽しめるはず……なのですが、あいにく家にこもっています。たまったままの書類を整理したり、部屋の片づけをしたり、建具屋さんに入ってもらってドアを直したりと、ふだんできないことをやっておいて、2学期に備えるという感じです。

岩手県の学校は夏休みが短いので、2学期が実に長いのです。9月1日から始まるのではなくて、8月20日ごろから始まります。そのぶん冬休みが長くて、3学期はあっけなく終わります。北国で夏よりは冬の方が気候が厳しいから、ということでしょうし、たしかにお盆を過ぎれば涼しくなるので理にかなってはいるのですが、個人的には夏休みが長い方がありがたいです。

お知らせ:8月14日(月)〜17日(木)は、あゆみカウンセリングルームでお休みをいただきます。電話やメールへの対応もストップすると思いますが、よろしくお願いします。