2020年01月29日

アッティラ・ゾラー

一般的な人気はないけれど、玄人受けするというか、ミュージシャンにも影響を及ぼすような人を「ミュージシャンズ・ミュージシャン」と言います。アッティラ・ゾラー(Attila Zoller 1927〜1998)は、その代表格かもしれません。ハンガリーに生まれ、プロのバイオリニストだった父親からバイオリンの手ほどきを受けたそうです。学校をドロップアウトしてブタペストのクラブでジャズを演奏するようになり、ソビエト侵攻から逃れるためにギターを担いでオーストリアまで歩いたそうです。アメリカから来ていたオスカー・ペティフォード(b)やリー・コニッツ(as)からアメリカに行くように勧められて、奨学金を受けてジャズを学んだそうです。ジム・ホール(g)の生徒になり、ルームメイトはフリージャズの開祖になったオーネット・コールマン(as)だったとか。

zoller.jpg

コマーシャルなハービー・マン(fl)のグループでデビューして以来、共演したミュージシャンはスイングのベニー・グッドマンから、フリーのアルベルト・マンゲルスドルフ(tb)、ラテンっぽいカル・ジェイダー(vib)、そしてあのジミ・ヘンドリックスまでと幅広かったようです。亡くなる直前はオーソドックスなモダンジャズのトミー・フラナガン(p)とツアーに出ていたとか。だれとでも合わせられる、そしてだれとも違うスタイルを作るということは生半可ではなく、ワン・アンド・オンリーなギタリストとして尊敬を集めていたと思われます。

ビバップでもフリーでもなく、ましてやロックでもなく、いわく言い難い不思議なフレーズを高度なテクニックでつむぎ出す演奏は、凄いのはよく分かるけど、凄いとしか言いようがない……。という感じでしょうか。亡くなってから、師匠のジム・ホールや弟子のパット・メセニー、その他大物ミュージシャンが参加した追悼アルバムが作られました。波乱万丈の人生を送りながら、教育者としても活躍していたようです。ドイツのenjaから発売されていたこのアルバム、Common Cause はロン・カーター(b)、ジョー・チェンバース(ds)とのトリオで、彼のギター・プレイをたっぷり味わえます。

commoncause.jpg

2020年01月21日

長谷川和夫先生と認知症

長谷川和夫先生と言えば「長谷川式簡易知能評価スケール」の生みの親で、認知症研究の第一人者として高名な精神科医です。思えば精神病院で働いていた若かりし頃、「長谷川式」をずいぶんやらされました。短時間で施行できる、言語性(言葉のやり取りで行う)のテストで、記銘力や見当識などを測ります。当時は「認知症」ではなく「痴呆症」と呼ばれていましたが、脳細胞が委縮するアルツハイマー病よりも、脳血管性のものが多いとされてました。

「やった」とか「お世話になった」ではなくて、「やらされた」……。「渋々」とか「嫌々」のニュアンスがつきまとうのは、嫌だったからです。面倒くさいとか保険診療の点数にならないとか、そういうことではなくて、「申し訳ない」のです。自分よりはるかに経験を重ねてきたお年寄りに、子供だまし?のような簡単な質問をするのです。簡単なはずなんだけど、面と向かって訊かれると答えるのが難しくて、困惑してしまう。その様子を見るのが、何だか心苦しい。そんな感じでした。こんなことをしなくても、日常生活を観察していれば分かるだろうに……と思っていました。

その長谷川先生が認知症になられて、テレビに出ていらっしゃいました。「認知症の研究者が自分で認知症になったのですからね、こんなに確かなことはありません……」などと、認知症を語る活動をしていらっしゃいます。嗜銀(しぎん)顆粒性認知症と言って、80代、90代になって発症するタイプでず。「日常の確かさが、だんだん失われて行く」など、ご自分の状況を客観的に観察して、述べていらっしゃいました。色々と印象に残る場面はあったのですが、とくに「長谷川式」については、「いきなりやるんじゃなくて、ちゃんと信頼関係を作ってからにして欲しい」とおっしゃっていました。そうなんです。「いきなり」やらされたのが、嫌だったのです。作った人はきちんと考えていたのに、それを無にしていたのは私を含めて、医療の現場だったのです。

老年期の精神医学のトップランナーでいらっしゃった長谷川先生は、病名を「認知症」にして、家族のためにデイケアも始められました。いまも「戦場」と呼ぶ書斎で論文を書かれています。ダンディでユーモアを愛するお人柄が、多くの人を引きつけて世の中を変えて来たのだと思いました。
posted by nori at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス