2019年04月23日

松下幸之助の呪縛

私の世代でオーディオに親しんでいた人たちは、「あの」パイオニアがつぶれて身売りするなんて、若い頃はまったく想像もつかなかったことだと思います。若者たちの多くは音楽に夢中になっていたし、音楽を聴くにはオーディオ装置は必需品でした。いまや絶対数の減った若者たちはゲームやSNSに夢中になり、彼らが音楽を聴としても手が伸びるのはパソコンやスマートフォンです。

私の仕事場には、オーディオ装置が置いてあります。事務仕事をしながら聴いたり、家族がテレビをつけているときに聴いたりするのに、重宝なのです。10年ほど使っていたCDプレーヤーを、最近になって入れ替えました。いまや中堅機種はSACDプレーヤーばかりですが、CDを聴くとなると、読み込みが遅くて音も悪いSACDプレーヤーは買う気がしませんでした。と言うことで導入したのが、パイオニアのPD−30AEです。ネットでなんと23,000円ちょいでした

PD-30AE.png

ところが音を聴いてみたら、びっくり仰天。前に使っていたのはマニアの間でも定評のある機種だったのですが、はるかに良い音がします。それもパイオニアらしい明るく透明感のある音で、私が初めて買ったCDプレーヤーの同社製、PD−2000(バブル期ならではの物量投入機で、10万円近くしました)をも、軽々と凌駕しています。本体のスイッチこそペコンとした押し心地ですが、見た目も安っぽくはありません。

PD-2000.jpg

このPD−2000は懐かしいです。しっとりとした品のある音で、ディスクトレイが開くと「Dedicate to a true music lover」と小さな金文字が見えたりして、音楽を聴く道具として完成されていました。それから30年、値段は4分の1に、パフォーマンスは4倍に、でしょうか。技術者の意地を見せてもらったような気もしますが、「これだからダメなんだよなあ」と思ってもしまいます。「より良い物を、より安く作って、沢山の人に使ってもらう」という松下幸之助さんの教えは、人口増加の時代には良かったでしょうが、人口減少の時代にあっては企業の首を絞める呪縛になっているような気がします。

posted by nori at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音の考現学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185901870
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック