2020年09月18日

サブスクの反対側にあるもの

「無料体験」に引きずられて、密林のサブスクというか、サブスクの密林というか、ほぼ独占事業化しつつありそうな、某社の聴き放題サービスに申し込んでみました。私がつないだのは、毎月CD1枚分くらいの料金で、CDなみあるいはそれ以上(いわゆるハイレゾ)の音質で6500万曲のコレクションが聴き放題というプランです。Windows10のPCにプレイヤーのアプリをダウンロードして、USB経由でDACに、そしてアンプからスピーカーにと、という経路です。

はっきり言って、音質は良くないです。何となくキレイなんだけど、ベールがかかっていてツルンとした、のっぺりしたような音です。同じアルバムをCDと聴き比べてみるまでもなく、雑食性の私の耳でも分かります。サンプリング周波数がどうとか、16ビットがどうとか、そんなデジタルのスペック以前のレベルだと感じました。もちろんパソコンはノイズの巣だし、USBなんていい加減な転送なので、オーディオ用のネットワークプレイヤーを使えば確実に音質は良くなるのでしょうが、この深い溝を超えることができるのか? かなり怪しいです。それと曲の表示がロックやジャズはともかく、クラシックは曲名が英語だと長くなって枠の中に収まらず、選曲しづらいです。

20200721_202121.jpg

食通で知られた開口健は、「自腹を切らないと料理の味は分からない」と書いていました。そんな言葉を思い出します。聴いてみたいアルバムを、自腹を切って手に入れる。自腹は切るけど、なるべくなら安く。手に入れたからには、モトを取るのに聴きこむ。一枚のCDを、レコードを、良い音で演奏するためには、装置にもこだわる。聴いてみてつまらないのは、時間がもったいないからお蔵入り。作品鑑賞とは高雅なはずなのに?、「お金」と「時間」にこだわる下世話な性分が、集中を生むような気もします。

サブスクの恩恵で、いままでなかなか手の届かなかった音楽も聴いています。聴いてはみたいけど、わざわざ買うのかなという、そういうアルバムですかね。サブスクを入れたらいつも満腹気味になってしまって、かえって聴かなくなるんじゃないか、そんな気もしてきます。
posted by nori at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音の考現学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187933061
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック