2015年12月25日

フレディ・グリーン

ジャズはピアノ、ベース、ドラムスの三人(いわゆるピアノトリオ)に、管楽器が加わる編成が多くを占めています。ギターは多くの人に親しまれている楽器でロックには欠かせませんが、ジャズの世界では何とも中途半端というか、いてもいなくてもいいようなマイナー楽器なのです。管楽器のように情感あふれるソロを吹けるわけでもなく、バックに回ればピアノと音域が重なります。それでもジャズに参入したギタリストは数知れず、それぞれに魅力的な録音を残してくれています。

フレディ・グリーン(Freddie Green 1911〜1987)は、カウント・ベイシー楽団のギタリストとして有名です。猛烈にスイングするビッグバンドの屋台骨を支えた、偉大なプレイヤーでした。50年もの間、ひたすら4拍子のリズムを刻むことに専念して、不覚にもソロをとってしまったレコードが一枚だけあるらしい……という凄い人です。

freddiegreen.jpg

こんな風にギターを寝かしてピックで弾くのですが、アンプを使わずに生音だけでビッグバンドをスイングさせてしまうのです。しかもフォークギターのようにジャカジャカかき鳴らすのではなくて、一度にせいぜい3本しか弦を鳴らしません。

opusinswing.jpg

カウント・ベイシーのたいがいのレコードには入っているフレディ・グリーンですが、その至芸をじっくり味わうには、スモールコンボも良いと思います。Opus In Swing / Frank Wess (1956) はカウント・ベイシー楽団の同僚だったフランク・ウェス(ts)がリーダーで、ここではもっぱらフルートを吹いています。まだ新人だったケニー・バレルもギターを弾いているのですが、偉大な大先輩にリズムを刻ませてソロをとり続けるのは居心地が悪かったかもしれません。優しくスイングする、心地よいレコードです。

2015年12月13日

キース・ジャレットの NEA Jazz Master 受賞

キース・ジャレットは2014年にアメリカで NEA Jazz Master という、ジャズ振興のためにもうけられた賞を受賞しています。1983年から毎年数人の「ジャズ・マスター」を選ばれて、賞金などが贈られてきました。ちょっと長くなりますが、ピアニストだけをピックアップしてみます。

1983 カウント・ベイシー
1985 ギル・エバンス
1986 テディ・ウィルソン
1987 ジェイ・マクシャン
1988 ビリー・テイラー
1988 バリー・ハリス / ハンク・ジョーンズ
1990 セシル・テイラー
1994 アーマッド・ジャマル
1995 ホレス・シルバー
1996 トミー・フラナガン
1999 デイブ・ブルーベック
2000 マリアン・マクパートランド
2001 ランディ・ウェストン
2002 マッコイ・タイナー
2004 ハービー・ハンコック
2006 チック・コリア
2007 穐吉敏子
2008 アンドリュー・ヒル
2010 リチャード・エイブラムス / ケニー・バロン / シダー・ウォルトン
2013 モーズ・アリソン / エディ・パルミエリ
2014 キース・ジャレット
2015 カーラ・ブレイ

ちなみにビル・エバンスは1980年に亡くなっていました。またこの中にはピアニストと言うよりは、作曲・編曲家として評価されている人もいます。でもキース・ジャレットがこの順番というのは、業績に比べると遅いのではないのかなと思います。ピアノの演奏力はダントツだし、前人未踏の即興ソロの世界も築きました。彼は日本でウケていて、アメリカでの評価はこんなものなのでしょうか。キース・ジャレットはマイルス・デイビスの薫陶を受けていたので、マイルスが嫌っていたウィントン・マルサリスのことは良く言いませんでした。今やアメリカジャズ界の大御所たるウィントンの一派とは犬猿の仲ですが、そのウィントンがこの賞を与えるリンカーンセンターのボスであり、受賞式典のホストを務めていました(ウィントン自身はマルサリス一家で2011年に受賞)。

うーん……、キースの心中は、微妙なものがあったのではないでしょうか。受賞式典でのスピーチが、You Tube にアップされていました。



たいがいの人は「名誉ある賞をいただきまして、身にあまる光栄です」みたいなことを言うのですが、彼は一切そんなことは言いません。聴き取れない部分もありますが、だいたいこんな話のようです。

「音楽を言葉で表して伝えることはできません。いくら楽器の演奏を学んでも、音を解き放つまでは無意味です。私は「あなたのように弾きたいんです」という生徒がいても、教えたくはない。私がどれだけカイロプラクティックのお世話になっているか、ご存知ですか? 何の因果で、自殺の仕方を教えなくてはならないんですか? 教わった人は、半狂乱にならなくはなりません。ステージで飛んだり跳ねたり、身体を変にくねらせたり、腕をでたらめに振り回したり……。チャールス・ロイドのバンドで弾いているフィルムはぼやけているせいもあるけど、手の動きは見えても、激しく振っている頭は見えないんですよ。
私は2歳でセロリをスティックにして、ドラムを始めました。大きくなって「ジャズの達人になりたい」と言ったら、母は「あなたは何にでもなれるわよ」と言ってくれました。父は「ミュージシャンは食べて行けないよ」と言い、私が有名になってからも「家には保険をかけているのかい?」と聞きました。ジョン・コルトレーンが亡くなったとたんに、テナーサックス奏者はみなコルトレーンのように吹けるようになろうと励みました。でもコルトレーンは、ミュージシャンが自ら演奏の仕方を探っていくことを願っていました。初めて組んだ自分のトリオで仕事をしていたとき、クビになった話をしましょうか。「もっと激しい演奏はできないの?」と言われたのですが、私たちは「激しい音」をやっていたのです。

こんな風に話はあっちに行き、こっちに飛んでいきます。それで「何を言いたいのか、忘れてしまいました。でも、それでいい……それがインプロビゼーション(即興)です」と結んでしまいました。「私は理解されないこともあるし、話してみたところで理解してもらるわけでもない」みたいなことが、彼の中にあったのかなと思いました。受賞式典でハッキリ言うこともできないので、トボけてこんな形にしたのでしょうか。それとも彼の自由連想なのでしょうか。このスピーチの後で、Memories Of Tomorrow (ケルンコンサートのアンコール)がビル・フリゼールのギターとジェイソン・モランのピアノで披露されて、キースはスタンディング・オベイションで応えていました。
posted by nori at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと

2015年11月21日

生徒会の選挙に意味はある?

中学校に行ったら机上に、生徒会の選挙結果のプリントがありました。そう言えば朝に校庭でタスキをかけて、「よろしくお願いします」と声を張り上げていた生徒たちがいました。でも生徒会長、副会長、書記……とほとんどは対立候補がなくて、信任票でした。これだけのことに選挙委員会を組織して、立ち会い演説会をして、投票、集計……と、費やす労力たるやそうとうなものです。そもそもだれが立候補するかも、けっこう先生方の意向が働いていたりするようです。どう見ても無理そうな子が立候補したら、対立候補を擁立するとか……。子どもたちも「頭の良い人がなるもの」と決めてかかっています。

そもそも生徒会の執行部といっても何の決定権もなくて、先生の決めた枠の中で動くだけです。「私が生徒会長になったら、制服を廃止します!」などと言うことはあり得ない。役人や経済界の決めた枠の中で動く政治家を、「よろしくお願いします」を連呼する選挙で選ぶ、大人社会のくだらない?選挙を学習させるようなものではないでしょうか。そんなことに時間を費やすなら、キャンプでもして生活体験をつんだ方が良いのではないかと思ってしまいます。

プリントをながめながら、「こんなこと、止めれば良いのにねえ……」とつぶやいたら、となりにいた保健室の先生が興味を示しました。

「止めて、どうするんですか?」

「選挙で選ぶんじゃなくて、校内の色々な活動を、この指とまれのボランティア方式にすれば良いと思うんですけどね。これからの世の中は、上の人が何かしてくれるのを待っているんじゃなくて、自分たちで動くのが大事だと思うし……」

「へえ……私たちは学校の中にいると、やるのが当り前になってしまっていて、そんなことは思いつかないですね。外から見る人の意見は、貴重ですね……」

気を遣って感心したふりをしてくださったのかも、しれませんが……。

2015年11月18日

低音さえ欲張らなければ……

オーディオショップに顔を出したら、あらなつかしやJBL4430からポール・デスモンドのサックスが流れていました。4430は30年以上も昔に発売された、こんなスピーカーです。

JBL4430.jpg

冷蔵庫サイズの大型システムで、低音を受け持つウーファーは15インチ(38cm)、中高音を受け持つのはバイラジアルホーンの2ウェイです。私はJBLはあまり好みではありませんが、それでも4ウェイのスタジオモニターとかよりはこちらの方を好ましく感じていました。

でも試聴している店主氏と三人のお客の関心はスピーカーではなくて、電源ケーブルのようでした。ケーブルをこっちに換えたり、あっちに換えたりして何だかんだと言っています。これは電線病と言われる、世にも恐ろしいビョーキの世界です。まあそれは置いといて、ともかく低音が出過ぎなんですよ、私の基準からしたら。パーシー・ヒースのベースがぼわんとふくらんで、反応が鈍い。「さすがJBLの大型スピーカーだね、この低音はシビレルよ!」とか言う人がいても、もちろんそれはアリなんだけど、私はタダでくれてやると言われてもノーサンキューです。

オーディオ店主氏は「下の方が30Hzくらいまで伸びていないと、オーケストラの再生はつまらない」と言います。ホールトーンをしっかり出そうとすると、そうなのかもしれません。でも低音の再生周波数と量感、質感を満たそうとするとハードルがものすごく高くなります。15インチ口径のウーファーを使うなら、波長の長い低音を飽和させないために、部屋の広さは20畳以上は必要でしょう。造作だって並のものでは、壁や床が共振します。

安直に低域のレンジを広げるとか、量感をアップさせるというなら、スーパーウーファーという手もあります。映画をド迫力で楽しんだりするのなら良いのでしょうが、音楽を聴くとなるとこれまた泥沼の世界らしく、結局は使わなくなってしまう人がほとんどのようです。私もかつて安直に低音を稼ごうとして、スーパーウーファーを使ってみたことがありますが、やはり使わなくなって処分してしまいました。

「原音再生」をあきらめて、低音のレンジを欲張らなければうんと楽になります。70Hzまで出ていれば、まず良しとしましょう。そうすればコンパクトなブックシェルフタイプのスピーカーで、反応の良い低音を楽しむことができます。ニア・フィールド・リスニングと言うらしいですが、要するにかぶりつきです。スピーカーはスタンドに載せて、後ろの壁から30〜40cmは開けます。左右のスピーカーとリスナーの顔が、それぞれ正三角形の角になるようにします。スピーカーは糸を張ったりレーザー墨付き機を使ったりして、厳密にセッティングします。ちょっと姿勢を変えただけで音が変わったりもしますが、ピッタリはまればスピーカーの存在が消えて、音源がピンポイントで定位する桃源郷に浸ることができます。これまた、ビョーキでしょうかね。
posted by nori at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音の考現学

2015年11月06日

岩手山は冬

 11月3日、文化の日に岩手山に行ってきました。祝日でしたが登山者は少なくて、静かな山行を楽しむことができました。デジカメは低温で動かなくなるので、ポケットに入れて暖めていたipodで撮りました。写真をクリックすると拡大します。

iwatesan1.jpg
 登山口の馬返しキャンプ場からお山を望みます。

iwatesan2.jpg
 6合目あたりでしょうか、雲間から視界が開けてきました。

iwatesan3.jpg
 8合目からは圧雪路に。結局は使わなかったけど、アイゼンを持ってきて正解でした。

iwatesan4.jpg
 9合目から山頂を目指しつつ、鬼ヶ城を見下ろします。

iwatesan5.jpg
 「お鉢」に出ました。右端の山頂をめざして、爆風にあおられながら歩きます。体感温度はマイナス20℃以下で、顔が痛いです。山に興味のない人から見れば、全くどうにかしています(笑)。

iwate6.jpg
 雪で薄化粧したお山は、本当に美しいですね。感謝!

 ふもとはおだやか秋でも、8合目あたりからは厳しい冬山の世界でした。偉そうに言えるほどの経験はないですが、冬山で遭難しないためには装備と技術、そして無理をせずに撤退する覚悟が必要です。
posted by nori at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩手の絵日記

2015年10月30日

臨床動作法は「ガラパゴス」?

 10月10日から12日まで、日本臨床動作学会に参加するために名古屋に行ってきました。シンポジウムのテーマは、「臨床動作法の基礎と工夫」。私は開業臨床心理士としてどんな工夫をしているのか、なみいる先達の前では恐れ多かったのですが、自分なりの工夫をお話しすることにしていました。フロアで出番を待っている間、私の前に発言された心療内科の医師の発表がインパクトがありました。ネットで検索をかけて英語の論文数をあたると、アレキサンダー・テクニーク、センサリー・アウェアネス、ブレインスポッティング、ローゼンメソッド、EMDR、マインドフルネス、ロルフィング、催眠、ヨーガなど、他のボディワークに比較すると臨床動作法の論文はまさに雀の涙で、これでは「ガラパゴス化」していくし、下手をすると他のボディワークに取り込まれて消滅していくのではないか、と言われました。

 厚生省が医療費の削減に躍起になっているなか、臨床動作法に人件費に見合うだけの診療報酬がつくためには、治療効果のエビデンス(証拠)を示していく必要があります。臨床動作法が世の中に定着して広まって行くには、組織的な研究でしっかりエビデンスを示すこと、英語の論文を大量に出していくことが重要であると。まあこれは、当たり前過ぎるくらいの正論でしょう。

 この発表への成瀬悟策先生のコメントが、また面白かったです。「ガラパゴスとは、またけっこうなお話をいただきました。それで考えていたんですが、いったい遅れているのはどっちなんだろう、と(もちろん「臨床動作法の方が進んでいる」で参加者たちは一致しています)。良いものをこれから世界に発信していくので、最高のものにしたいと考えています」と。

 ガラパゴス諸島で生物が特異な進化をしたのは絶海の孤島ゆえですが、臨床動作法は本来的に絶海の孤島なのだと思います。他の心理療法は言葉を仲立ちにしているので、本を読めば分かった気になる、という現象があります。ところが臨床動作法は、身体の動きと感じを仲立ちにしているので、いくら本を読んだとしても、実際に体験してみないとまるで分からないのです。体験しても分からなくて、何回も体験して見えてくることがあります。私は学会主催の研修会で成瀬先生のお話をそれなりに分かるようになるまで、何年もかかりました。

 「ガラパゴス=絶滅寸前」と思われがちですが、ガラパゴスならではの良さもあるのではないでしょうか。あまり知られていませんが、ガラパゴス諸島ではコーヒーが有機栽培されています。絶海の孤島ゆえ他の産地で問題になる病害や虫害がなく、無農薬でコーヒーが栽培できるというわけです。臨床動作法は「やってみないと分からない」ので、携わっている人たちの研修への熱意があるし、何よりも役に立つことを実践するという価値観が共有されています。どこかの学会のように? 言葉の空中戦ということはありません。もちろん臨床動作法が世界に広まっていくことは、願っています。
posted by nori at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床動作法